United Pandish Empire of Greater Mexican - Japan
Mt. Kissho sanctuary Silver moon cavern Cha^teau Pandora and

the FORTRESS of the PANDEMONIUM JUNGLE

 

雲雀の虚空に上るは武を習ふなり。猪に牙あり鹿に角あるは刀剣なり、鬼拳に介あり扁螺に貝あるは城郭なり。禽獣すら尚ほ外患を防ぐの備へをなす、而るを況んや人に於てをや。(二宮金次郎尊徳)

凡そ戦ひは、若し彼客為り、我主為らば、軽々しく戦ふ可からず。為めに吾が兵を安んじ、士卒家を顧み、当に人を集め谷を聚め、城を保ち険に備へ、其の糧道をたつべし。(劉基伯温)

櫓・ふんうんを修め、器械を具ふること三月にして後成る。距いん又三月にして後已む。将、其忿に勝へずして之に蟻付し、士卒三分の一を殺して、而かも城抜けざるは、此れ攻むるの災なり。(孫武)

城は万物流通して、人主の社稷を護る所なり。故に城を制するは、居宅を営むが如し。人家のつねの用を通達して、変に応ずるを矩とす。城の大段も此上に出る事なし、賊に逢ふて其兵を折く。城の堅固なるによつてなり。外より見る事あたわずして我はよく見切、外より来ることあたわずして我はよく出づ守れば敵攻る所を知らず。出で戦ば敵防ぐ所を失ふ。(高山健貞剛弼平正英)

人は城 人は生垣 人は堀 情けは味方 仇は敵なり (武田信玄源晴信)

精鋭な軍隊を持っていない国家が城塞を持ってみても無用の長物にすぎない。(ニッコロ・マキャヴェッリ)

帝都には廻りにほりほらぬ物なり。(九条植道)

若し彼の城堅くして救ひ誠なれば、則ち愚夫蠢婦も城に蔽れて資血を尽さざる無く、城は朞年の城なり。守ること攻むる者よりも餘り、救ふこと守る者よりも餘ればなり。(尉繚)

 

Ueno Tokyo Japan

Est. 1990
Fortification 1998


 籠城ノ法ヲ明ムル時ハ、
 終ニ籠城ナシ。
(建内宿禰)

 門は開かれている。
 光の内へ入れ。
(W・E・バトラー)

 

Only Japanese language,
Sorry.

Copyright(C)1998-2015
Panda Castle
all rights reserved.

人と同病相救ひ、同情相成し、同悪相助け、同好相趨く。故に甲兵無くして勝ち、衝機無くして攻め、溝塹無くして守る。(太公呂望)

城に籠り降参せんと思はゞ、籠城する事なかれ。前方旗下と成べし。籠城いたすうへは、負は必ず切腹と思ひ可定事。(山鹿素行軒藤原高祐)

一般に戦争における防御、従ってまた戦略的防御は、決して絶対的な待ち受けや攻撃の抑止ではない。(カール・フィーリプ・ゴットリープ・フォン・クラウゼヴィッツ)

攻城武功の弁 一に曰く、竹束を附る働 二に曰く、弓鉄炮の働 (伊賀風山山中武寛)

英国人の家は、城である。(諺)

城内くつろぎの事 城内三分一を空地にすべし。口伝。(北条安房守平氏長)

戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。(UNESCO憲章前文)

城守最も火薬を惜しむ。浪放を許す勿れ。賊大いに銃を連ね威猛を示すと雖も、我応ずる勿れ。(長沼澹斎藤原宗敬)

激情から解き放たれた精神とは、まさに城砦のようなものだ。(マルクス・アウレリウス・アントニウス)

自分の城がほしい。(岡田有希子)

狭き門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入っていく者が多いのです。いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者は稀です。(聖書)

 

Welcome to the secret base for fanciers of animals and friends of justice.

『裏門を通るようなやつはろくでなしだ。やっぱり表門から行こう』(『西遊記』)
 

   

    

    

    

    

  

 
 死ぬな、殺すな、殺されるな。

 ほんの少しの  節電と募金。

 20さいになっていないひとは、たばこをすっては、いけません。

迷路模様には神秘的な意味が込められており、それは、聖王の死と再生の輪廻の旅と同じく、あの世に行って再び現世に戻ってくる旅を意味していた。貨幣、洞穴、墓石などに描かれていた初期の迷路模様は、大地-子宮を指していた。ギリシア・ローマ時代の迷路は、道がわからなくなってしまう迷路とは違っていた。すなわち、当時の迷路は1本道で、その道が迷路模様を構成しているすべての部分を残らず通過するようになっていた。この種の迷路は、儀式にのっとって歩行するためのものであり、「たいていは洞穴と関連があった。……歩行の儀式がすたれずに残っている場合には、洞穴あるいは住まいの入口の所に、必ず、本物の迷路があるか、または迷路の図がはり出されている」。
(Barbara G. Walker 『The Woman's Encyclopedia of Myths and Secrets』 Harper & Row, Publishers,Inc.,1983、山下主一郎ほか訳、大修館書店1988)

 

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー